ホームページに戻る海外の花き情報inndexへ世界の花市場

世 界 の 花 市 場
アールスメア】 【ウェストランド】 【TFA】 【オーデンセ】 【上海】 【杭州】 【昆明】 【無錫】 【広州】 【順徳】 【北京
西安】 【洛陽】 【福建】 【成都】 【瀋陽】 【長春】 【香港】 【台北】 【台湾・田尾】 【ソウル】 【プサン
バンコク】 【チェンマイ】 【ジャカルタ】 【ヤンゴン】 【メイミョウ】 【マニラ】 【ホーチーミン】 【ダラット】 【バンガロール】 【ドバイ

メイミョウの花集荷業者

ミャンマーの首都ヤンゴンからおよそ1000km離れた高原地帯のメイミョウはヤンゴンに花を供給する大産地である。ここでは整備された市場はなく、数十軒の集荷業者があり、農家は集荷業者のところに生産物を持ち込む。集荷業者は農家から買い上げた花を輸送用の木箱に梱包し、陸路と鉄路を併用してヤンゴンに輸送する。ヤンゴンまで24時間以上かかる。集荷業者の手数料は意外と安い。かなり大量の荷が動いている
グラジオラスの荷造り作業。どの業者も1万本以上は扱っているところを見るとかなり大量に動いている。
左写真のグラジオラスは後方のようにチークの葉で包装される。子供も作業に参加している。
キクの包装準備。5本を1束にしたものを農家から入手。点検して積み替える。花は満開。
木箱に詰める作業中の状態。箱の周囲はチークの葉。その内側に新聞を敷く。
花の部分を保護するために一段づつ花のところで新聞紙を折り返す。
キクの包装が終わった状態。一箱200本入り。40束。1業者でキクを1日1万本前後輸送する。

ホームページに戻る海外の花き情報inndexへ世界の花市場