ホームページに戻る海外の花き情報inndexへ世界の花市場

世 界 の 花 市 場
アールスメア】 【ウェストランド】 【TFA】 【オーデンセ】 【上海】 【杭州】 【昆明】 【無錫】 【広州】 【順徳】 【北京
西安】 【洛陽】 【福建】 【成都】 【瀋陽】 【長春】 【香港】 【台北】 【台湾・田尾】 【ソウル】 【プサン
バンコク】 【チェンマイ】 【ジャカルタ】 【ヤンゴン】 【メイミョウ】 【マニラ】 【ホーチーミン】 【ダラット】 【バンガロール】 【ドバイ

成都市の花市場
(2005.1.12作成)
紅砂村の花き市場
花き生産の盛んな紅砂村に大きな花市場がある。切り花と鉢花が面積的にはほぼ半分ずつ程度を占めている。早朝は卸売り市場だが、昼間は小売市場に変身する。従って、昼間訪問すると、卸売りが主体となる切り花の場所は閑散としているが、鉢物の場所は結構賑わっている。



切り花のコーナー。昼間なので閑散としている。
雲南からきたカーネーション。
明日の販売のためにカーネーションの選別、結束作業ををしている。
バラも雲南から来るとのこと。
ネコヤナギは凄い染色をする。
ユーストマもある。
リモニウム。
鉢物のコーナー。
シンビジウムの売場が多い。
グズマニアの売場も多い。
盆栽も多い。
春節(旧正月)によくつかう柑橘の鉢物。なかなか見事。
このような商品化への努力もするようになってきた。
同左。
市場内でフラワーアレンジメントの教室が開かれて、若い女性の受講生で賑わっている。高い授業料を出して、花屋を開く勉強でもしているのだろうか。

成都市内の花市場

成都は人口1000万人もいる大都市である。花市場@で紹介したような最近整備された市場だけでなく、花鳥市場なども含めて自然に発達した花市場がいくつかあるようだ。そのうち、2カ所を視察したので紹介する。テント張り、トタン張りなどの簡易な売場が、通路も狭くぎっしりと並んでいる市場だ。植木類や鉢物を売っている。店によってはなかなか品質のよい物も売っている。皮肉なことに整備された市場よりも賑わっているように思える。
市場近くの花屋街。ここは立派なビルの1階に店が多数並んでいる。
同左の店の中。なかなかよい物を売っている。アナナスと観葉植物の専門店。
同左の別の店。シンビジウムとアナナスの専門店。
同上の別の店。容器などの資材を主に売っている。
露天(店舗内は雨よけあり)の大きな市場。雑然としている。卸売りも小売りもしてくれる。
同左。大鉢や植木類の多いコーナー。
チューリップ、シクラメン、ポインセチアを扱っている店舗。この店の品質は日本でも通用するほど。゚
スイセンの蟹作りは中国の冬の風物詩。
この市場で仕入れてリヤカーで運でいる。どこかの小売店の人のようだ。



上の写真とは別の市場。
同左。アザレア専門の販売。
同左の別の店。




    ホームページに戻る海外の花き情報inndexへ世界の花市場