ホームページに戻る海外の花き情報inndexへ南アフリカの花

南アフリカの花
2008.3.3

ガーデンセンター Bプレトリア

 ヨハネスブルグの北50kmほどの所に、南アフリカの行政府の首都であるプレトリアがある。この町はジャカランダの街路樹が多いことでも知られるが、緑の多い落ち着いた雰囲気がある(ただし、ジャカランダの原産地は南アではなく、南米である)。人口はほぼ200万人。ヨハネスブルグからプレトリアに向かう車窓からはサバンナ風景が見られたが、南アの気候が、地域によってかなり異なることを植物の側から見て強く感じた。プレトリアにはかなりガーデンセンターがあるようだが、そのうち3ヶ所を視察した。A社は、売場面積8900u、従業員25名、駐車場267台分で、この他に7店舗を経営しているという。B社は売場面積6500u、従業員24名、駐車場40台。C社は売場面積1万u、従業員54名、駐車場250台で、中は公園のようになっており、散歩するだけでも楽しい。。

入口付近風景

広い駐車場と瀟洒な建物の入り口。

アフリカ風の大きな建物が入り口の変わった雰囲気。

花壇の美しさがひときわ目立つ。



インドアープランツの売り場風景

広い空間と構造物が美しいエントランス。

ドーム状の巨大な鉢物売り場。

南アらしい多肉植物の売り場。

観葉植物の売り場。

余裕のある鉢物売り場のレイアウト。

ボンサイのコーナー。かなりまともな盆栽を売っていたのはここだけ。しかし、中国産と思える。



アウトドアープランツの売り場風景

広大な売り場。ポップの説明はかなり正確で丁寧。

同左。木本性植物の売り場。人の歩くメイン通路は日除けがしてある。ベンチなど置いて休息できるようにしている。

同左。

やはりメイン通路は日除けがしてある。

花壇苗の売り場のベンチも煉瓦製で美しい。

通路と商品の置き場との区別も明快で美しい配置。

植木類の売り場。木陰には子供の遊具もある。

花壇苗は6個連結ポットが主流。

同左。



資材売り場風景

園芸グッズの売り場。

鉢の売り場。

同左。



装飾関係

装飾にもこのようなしゃれっ気。

多肉植物をふんだんに使ったディスプレイ。

カラーリーフプラントを使った美しい花壇。

ガーデンセンターと云うよりは公園といった感じ。

同左。巨大な人口滝まで作ってあり、ワニまでいる。

同左。巨大な人口川。まさに遊園地である。



その他

カートンはたいへんに大きい。

子供の遊具コーナー

余裕のある散策路。