ホームページに戻る海外の花き情報inndexへベトナムの花

ベトナムの花
花屋
園芸店
ダラット高原の花き生産 E種苗生産と鉢花生産
更新2011.11、更新2006.4、初.2002.2
 ダラット高原の花き産地は切り花生産が多く、鉢物生産はかなり少ないようである。ホーチーミン市内には園芸店がかなりあるが、観葉植物や植木類が多く販売されている。しかし、温帯性の鉢花類もかなり見かけるが、これがどこで生産されているのか、よくは分からない。
 一方、外資系巨大農場を中心に、日本向け苗生産が本格的に行われている。輸入植物検疫統計(2010年)、ベトナムからのキクの挿し穂は輸入数量は4000万本を超しており、最大の輸出国となっている。少量ではあるがカーネーションの挿し穂も輸入されている。この生産状況は企業秘密らしく視察させてもらえない。従って写真で紹介することが出来ない。

種苗生産

日本向けの鉢植用カーネーションが段ボール詰めされていた。

セル苗の植え付け作業(輸出用ではない)

セル苗の栽培管理風景

鉢花の栽培

シネラリアの栽培

シンビジウムの栽培

シクラメンの栽培
アンスリウムの鉢物生産。
ブーゲンビレアなどの鉢物栽培。