ホームページに戻る





 近年、DNA解析が急速に進歩し、従来の形態的な分類とは異なって、ミクロなゲノム解析から構築する手法が分類の主流になりつつあり、これをAPG植物分類体系と云います。おそらく近い将来にはこれが一般化すると思われるので、この図鑑の本文の科名は基本的にAPG分類体系にほぼ準拠しました。ただし、園芸界においてにおいて急速な変更は混乱が生じる場合もあると考えて、本文では従来の分類体系による科名を括弧書きで示すようにしました。

ホームページに戻る