アガパンサス
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
アガパンサス
開花期101112
学名Agapanthus africanus
和名ムラサキクンシラン
英名 African lily
科名ムラサキクンシラン科(ネギ科)(ユリ科)
属名アガパンツス属
性状常緑多年草(耐寒性)
用途 中鉢
花壇
原産地南アフリカ
特徴 紫色の漏斗状の花を散形に多数つける豪華にして、清楚な感のある植物です。花色は濃紫、淡青、白など。現在の園芸品種の多くは、プラエコクス・オリエンタリス(A.praecox ssp.orientalis)系のものです。
管理 性質は強健。冬は葉が枯れ込む。繁殖は株分け。3〜4年に1回植え替え。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間