アゲラティナ・アルティッシマ(ユーパトリウム・ルゴスム)

品種:チョコレート'Chocolate'
開花期101112
学名 Ageratina altissima (=Eupatorium rugosum,
E. ageratoides, Ageratum altissimum )
和名マルバフジバカマ
英名 fall poison, snow thoroughwart, white sanicle, white snakeroot
流通名ユーパトリウム・ルゴサム
科名キク科
属名アゲラティナ属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地北米東北部
特徴 茎頂や頂部の葉腋から出る花茎に白い小さな花が房状に多数咲きます。個々の花の径は8mmと小さいのですが、20数個が着きます。葉は楕円形〜披針形で先が尖り、長さは4〜10cm、灰緑〜紫緑色、表面にはしわがあり、対生します。草丈は1.5〜2mにもなります。
管理 性質は強健。繁殖は株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間