エリカモドキ(アイノカンザシ)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
エリカモドキ(アイノカンザシ)
開花期101112
周年開花性あり
学名Bauera rubioides
和名エリカモドキ
英名
流通名バウエラ・ルビオイデス、アイノカンザシ
科名クノニア科(ユキノシタ科)
属名エリカモドキ属
性状常緑低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地オーストラリア
特徴 エリカに似てるので、エリカモドキの名がありますが、もっぱら「愛の簪(かんざし)」の愛称で出回ってます。細い枝は赤味を帯び、直立あるいはやや横這いし、葉は小型で三つに深く裂けています。そして、葉腋に花径1.5〜2p,8弁の小さな花を多数下垂させます。花色は淡紅色が基本色で、白もあります。原生地では2m近くまで伸びます。
管理 日当たりを好むが、夏は風通しの良い日陰がよい。乾燥には弱いので、水管理に注意。冬は明るい室内で管理。殖やすのは挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間