アンティゴノン(ニトベカズラ)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
アンティゴノン(ニトベカズラ)
開花期101112
学名Antigonon leptopus
和名アサヒカズラ
別名ニトベカズラ
英名 chain of love
科名タデ科
属名アンティゴノン属
用途 中鉢
あんどん作り
花壇
性状蔓性亜低木(非耐寒性)
原産地メキシコ
特徴 よく伸びる蔓性の植物で、ベゴニアに似た外観の美しい花が咲きます。萼が大きくて花弁状で、赤〜桃に着色し、これが子房を包むので、長く観賞できます。白花品種もあります。クイーンネックレスの愛称でも販売されてます。
管理 耐寒性はやや弱いので、冬は室内で管理。庭に植えたものは掘り上げて室内で越冬する。繁殖は挿し木、根伏せ、種まきなど。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間