アルクトティス・ファスツオサ(ベニディウム)
開花期101112
学名Arctotis fastuosa (=Venidium fastuosum )
和名ジャノメギク
英名 cape daisy
流通名ベニジウム
科名キク科
属名アルクトティス属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地南アフリカ
特徴 茎頂に咲く花は、舌状花が黄〜黄橙色で基部が暗紫褐色、芯の筒状花が紫褐色、花径は9cmほどです。花は夜間には閉じます。葉は長さ15cmほどで深裂し、短毛で覆われて銀緑色です。草丈は60cmほどで、切り花にも使います。多年草ですが実用上は一年草扱い。旧学名のベニディムの名で流通します。本種はアークトティス属の種間交雑による改良に使われています。
管理 寒さにはやや弱い。繁殖は種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
5℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ