コエビソウ(ベロペロネ)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
コエビソウ(ベロペロネ)
斑入り品種
開花期101112
学名 Justicia brandegeana
(=Beloperone guttata)
和名コエビソウ
英名 shrimp plant
流通名ベロペロネ
科名キツネノマゴ科
属名ジャスティシア属
性状常緑低木
用途 小〜中鉢、
花壇
原産地メキシコ
特徴 重なり合った苞の姿がエビの尾のようです。苞は初めは淡緑色で次第に赤褐色になります。花は白ですがあまり目立ちません。苞が黄色の品種もあります。
管理 日当たりのよい環境を好む。光が弱いと苞の色が悪くなる。 戸外が最適で、花壇にも適する。凍らなければ越冬。繁殖は挿し木。花は次々と咲くので、古い花がらは取り除く。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ