カタナンケ・カエルレア
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
カタナンケ・カエルレア
開花期101112
学名Catananche caerulea
和名ルリニガナ
英名
流通名カタナンケ
科名キク科
属名ルリニガナ属
性状多年草
用途小〜中鉢
原産地南欧
特徴 葉が地際に叢生し、長い花茎を多数出し、先端に花を咲かせます。頭花には管状花は無く、全て舌状花です。頭花の周辺は青、中心部は黒紫色をしています。写真はまだ蕾の状態ですが、径5cmほどの花になります。花後はドライフラワーになりますが、青花のドライフラワーは少ないので、珍重です。
管理 高温多湿に弱く、夏越しが困難なので、栽培上は一年草扱い。乾燥を好む。栽培は容易。繁殖は種まきで、秋か春。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間