コノクリニウム・コエレスティヌム
コノクリニウム・コエレスティヌム
開花期101112
学名 Conoclinium coelestinum
 (=Eupatorium coelestinum )
和名
英名 mistflower, ageratum
流通名ユーパトリウム、西洋フジバカマ
科名キク科
属名コノクリニウム属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地米国(中〜南西部)、西印諸島
特徴 茎の先端に着く頭花は径5mmほどと小さいが、花数がたくさんなので、アゲラータムに似た感じです。地下茎を伸ばして広がり、草丈は50〜100cmほど。葉は卵形〜長楕円形、しばしば三角状で、周縁に切れ込みがあります。花色は青が多いのですが、白、紫、紫などもあります。
管理 やや湿った状態を好む。繁殖は株分け、挿し木、種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間