コンボルブルス・アルタエオイデス
コンボルブルス・アルタエオイデス
開花期101112
学名Convolvulus althaeoides
和名
英名
流通名コンボルブルス・メアリーチーク
科名ヒルガオ科
属名コンウォルウルス属
性状常緑多年草(匍匐性)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地南欧
特徴 桃紫〜桃色の広漏斗型の花と灰緑色の葉とのコントラストが美しい。茎は細く、地面を這うか下垂して、長さ1mほどに伸びます。葉は幼苗のうちは卵状心臓形〜矢じり型心臓形で緑色ですが、育つにつれて深く裂けて細葉の雰囲気に激変し、灰色味が強くなります。まるで別の植物の葉のようです。花は葉腋に着き、漏斗型の径は3〜4cmほどです。
管理 性質は強健。排水の良い用土を好む。暑さには強い。関東以西なら露地で越冬。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ