コツラ・ヒスピダ(ギンバカゲロウソウ)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
コツラ・ヒスピダ(ギンバカゲロウソウ)
開花期101112
学名Cotula hispida
和名
英名
流通名銀葉カゲロウソウ、コツラ
科名キク科
属名コツラ属
性状匍匐性多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地南アフリカ
特徴 葉は艶のある灰白色で、細かく分裂して細く、クッション状の株になります。この葉姿が美しく、銀葉カゲロウソウの名で流通しています。株の間から細長い花茎を出して、径1〜1.5cmの球状の黄〜赤色の頭花が咲きますが、同属のバルバタ種より長く伸びます。花の咲く姿も可愛らしいのですが、本種は美しい葉姿を観賞するのに適しています。花壇や寄せ植えに向いています。
管理 耐寒性は強いが、高温多湿に弱い。繁殖は種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ