エレモフィラ・ラケモサ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
エレモフィラ・ラケモサ
開花期101112
学名Eremophila racemosa (=E.bicolor)
和名
英名 native fuchsia
流通名 レインボーエレモフィラ 、
エレモフィラ・レースモーサ
科名ゴマノハグサ科(ハマジンチョウ科)
属名エレモフィラ属
性状常緑低木(半耐寒性)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地豪州
特徴 蕾から花が開くまでに色が変化するので、レインボーエレモフィラの愛称で流通しています。蕾は黄、橙、赤に変化し、開花時の花弁は赤紫色になります。高さ1.5m程度の灌木。葉は狭倒披針形で、長さ4cm程度。なお、エレモフィラ・マクラタもレインボーエレモフィラの名で流通する場合もあります。
管理 排水性の良い状態を好む。乾燥には強く、多湿を嫌う。暖地では越冬可能だが、冬は室内管理が無難。冬は水を控える。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ