エリンギウム・プラヌム
エリンギウム・プラヌム
開花期101112
学名Eryngium planum
和名マルバノヒゴタイサイコ
英名
流通名エリンジウム
科名セリ科
属名エリンギウム属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地欧州東南〜近東
特徴 青色の頭状花序は短円柱形で、その基部には被針形の総苞が目立つ、ユニークな花形です。根出葉は卵状心臓形で全縁で長さ5〜10cmほどですが、上部の葉は3〜5に深裂して、刺状の鋸歯があります。草丈は50cm〜1mほど。ドライフラワーにもなり、切り花で広く利用されますが、花期は長く、夏花壇にも適します。
管理 高温多湿に弱い。乾燥状態を好むので、排水性の良い土壌に植える。繁殖は種まきで、適期は5月。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間