チョウジガマズミ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
チョウジガマズミ
開花期101112
学名Viburnum carlesii var.bitchuense
和名チョウジガマズミ
英名
科名レンプクソウ科(スイカズラ科)
属名ガマズミ(ウィブルヌム)属
性状落葉低木
用途 中鉢、
庭園
原産地日本〜朝鮮半島
特徴 小さな淡紫桃色の花が散房状に咲き、芳香があります。高さはせいぜい1〜2mの落葉低木で、株立ち状になりますから庭木向きですが、鉢物としてもかなり出回っています。枝は密で新梢の先端に花が咲くので株全体が花いっぱいになり見応えがあります。本種より大型のオオチョウジガマズミや、白花で秋に熟する赤い実が美しいガマズミなどが同じ仲間です。
管理 性質は強健。繁殖は挿し木。枝端に花芽を持つので、花後以外は刈り込まない。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ