ギンバイカ
ギンバイカ
開花期101112
学名Myrtus communis
和名ギンバイカ
別名ギンコウボク、イワイノキ
英名 common myrtle
流通名マートル
科名フトモモ科
属名ギンバイカ属
性状常緑低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地地中海地方
特徴 葉腋に白色の花(ときにやや紅色帯びる)が咲きますが、当年枝に咲くので着花しやすく、葉も密なので花数もたいへんに多くなります。葉は美しく、常緑でもあり、庭木、鉢物、枝ものなど広い用途に使えます。葉にはユーカリに似た香気があり、欧州では凱旋将兵の頭の飾りに月桂樹と共に使ったり、食品、酒などの香料として使います。
管理 関東以西なら庭木として利用できる。排水と日当たりを好む。繁殖は挿し木または種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間