エビンゲイグミ
果実着色期101112
開花期は10〜11月
学名Elaeagnus ×ebbingei
和名
英名
流通名斑入りグミ
科名グミ科
属名グミ属
性状常緑低木
用途 小〜中鉢
庭園
原産地園芸種
特徴 マルバグミとナワシログミの種間交雑による育成種です。生長が早く、耐寒性が強い特性があり、高さは3mほどになります。常緑性の葉は光沢ある濃緑色、裏面は銀白色です。秋〜冬に開花し、春に果実が熟し、赤橙色になります。本種には、斑入り品種が多く、黄色の中斑(’Limelight')、あるいは黄色の覆輪斑('Gilt Edge')などが盆栽や鉢植え、庭木に使われ、「斑入りグミ」の名で流通します。
管理 生育は旺盛。適度に枝を切りつめる。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ