ハコネウツギ
開花期101112
学名Weigela coraeensis
和名ハコネウツギ
英名
流通名
科名スイカズラ科
属名タニウツギ属
性状落葉低木
用途 小〜中鉢
庭園
原産地日本
特徴 紅白2色の華やかな彩りの花が特徴的で、庭木としてよく植栽されています。花は鐘状漏斗形で、3〜4cm、新梢の葉腋に2〜8個着きます。咲き始めは白色ですが、後に紅色に変化するので、二色の花に見えるのです。葉は広楕円形〜倒卵状楕円形で先端が尖り、周縁に鋸歯があり、長さ8cmほど、少し光沢があり、アジサイのような感じです。草丈は3〜5m。名に反して特に箱根とは関係ありません。
管理 性質は強健。繁殖は挿し木または種まき。

好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ