レシュノールティア(レケナウルティア)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
レケナウルティア(レシュノールティア)
開花期101112
学名 Leschenaultia formosa
(=Lechenaultia formosa
和名
英名
流通名レケナウルテイア、初恋草
科名クサトベラ科
属名レシュノールティア属
性状亜低木(非耐寒性)
用途小〜中鉢
原産地豪州
特徴 ヒースのような感じの植物。葉は細い。径1〜2cmの小さな花が可憐なので、一部では「初恋草」のブランドネームでも出回ってます。品種は豊富にあり、花色は青、橙、黄、桃、赤など多彩です。この属の仲間は、本種以外にも数種出回っています。
管理 陽光と水はけのよい環境を好む。冬は日当たりのよい室内に置く。過湿に弱い。繁殖は挿し木。時期は9月。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間
熱帯植物館「レケナウレティア」