ヤナギバヒマワリ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ヤナギバヒマワリ
’ゴールデンピラミッド’
開花期101112
学名Helianthus salicifolius  (=H.orgyalis)
和名ヤナギバヒマワリ
英名
流通名ゴールデンピラミッド
科名キク科
属名ヒマワリ属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地北米
特徴 ヒマワリの仲間ですが、花は径5cmあまりの小型で、株一杯にたくさん咲きます。花色(舌状花)はレモンイエローで、花芯(筒状花)は褐色、花期は普通のヒマワリより遅く、秋になります。また、ヤナギバヒマワリの名のとおり、葉は細長く、たくさん着きます。草丈は1m以上になり、花は小さくとも、花数が多いので美しい花です。
管理 耐寒、耐暑性ともに強く、性質強健。繁殖は種まき、挿し木、株分け。春に苗を植え付けるが、草丈を低くしたい場合は6〜7月に刈り込む。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ