ムギワラギク
ムギワラギク
開花期101112
学名 Bracteantha bracteata
(=Helichrysum bracteatum)
和名ムギワラギク
英名 strawflower
流通名 ヘリクリサム
科名キク科
属名ブラクティアンタ属
性状多年草(半低木状)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地オーストラリア
特徴 かさかさした花ですが、これは総苞片が花弁状に発達したもので、花弁ではありません。乾燥に強く、ドライフラワーに昔から使われてきましたが、麦藁を連想させるのでムギワラギクの名があります。総苞片は白、クリーム、黄、橙、桃、赤紫などがあります。本来、多年草ですが、園芸上は一年草として扱います。最近は改良も進んで、鉢植え用にもいい品種が出回るようになりました。古い学名のヘリクリサムで流通しています。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ヘリクリサムと称されている仲間
豆知識「中国の花茶」
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間管理方法の解説へ