ハイビスカス・サブダリファ (ローゼル)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ハイビスカス・サブダリファ (ローゼル)
開花期101112
学名Hibiscus sabdariffa 
和名ロゼリソウ
英名 roselle, red sorrel
流通名ローゼル、ロゼール、ハイビスカス・ローゼル
科名アオイ科
属名フヨウ(ヒビスクス)属
性状一年草または亜低木状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地旧大陸熱帯
特徴 トロピカルハーブとして有名です。花は葉腋に単生して、淡黄色で、中心部は暗紫紅色です。しかし、萼と苞は暗赤色で、花後に萼は肥大して多汁質となります。これは酸味があり、香味料、ローゼル茶、ローゼル酒、清涼飲料、など多くの用途に使います。葉は卵形の単葉または掌状に3裂するものと2タイプがあります。草丈は1〜2m。葉も食用になり、茎からは繊維を採るなど用途の広い有用植物です。
管理 性質は強健。繁殖は種まき。適期は4〜5月。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
5℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ