イレシネ・ヘルブスティー
イレシネ・ヘルブスティー
観賞期101112
学名 Iresine herbstii (= I.reticulata,
=Achyranthes verschaffeltii)
和名マルバビユ、ケショウビユ
英名 beefsteak plant, beef plant, blood leaf
科名ヒユ科
属名イレシネ属
性状常緑多年草(非耐寒性)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地ブラジル
特徴 赤褐色葉で葉脈が鮮紅、あるいは緑色葉で葉脈が黄など、葉の美しい夏花壇向きの観葉性植物です。高さは20〜40cm、茎はよく分枝して、よく広がり、葉は広卵形をしています。葉の色や斑模様の異なる多くの品種があり、夏花壇用としてはテランセラとともに重要な植物です。イレシネには葉の先端が尖ったリンデニー種もあります。
管理 性質は強健。日当たりのよい場所を好む。光不足では美しい葉色が出ない。冬は室内で。繁殖は挿し木または株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ