イチジク
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
イチジク
着果期101112
学名Ficus carica
和名イチジク
英名 common fig
別名トウガキ、ナンバンガキ
科名クワ科
属名フィクス属(イチジク属)
性状落葉半高木
用途 小〜中鉢
庭園(果樹)
原産地アラビア半島
特徴 イチジクはインドゴムノキなどと同じフィカス属の植物ですが、果物として馴染み深い植物ですが、鉢物としても出回っています。イチジクの実は倒卵状球形ですが、これは花嚢といって、この果実の中で花が咲くので、外からは花は見えません(フィカス属共通)。花嚢内に咲く多数の花は、雌雄異花ですが、日本の栽培品種はほとんど雌花ばかりです。
管理 性質は強健。寒さには比較的強いが、寒冷地は不適。大木になるので、かなり思い切った剪定が必要。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ