イワダレソウ(フィラ・ノディフロラ)
開花期101112
学名Phyla nodiflora (=Lippia nodiflora)
和名イワダレソウ
英名 matgrass, capeweed, Turkey tangle
流通名
科名クマツヅラ科
属名フィラ属
性状多年草(匍匐性)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地日本〜熱帯、亜熱帯各地
特徴 茎が地面を這って、節から根を出して長く伸びる矮性植物で、白または藤色の花を多数着生します。花茎は葉腋から出て、花序は円筒状で、径2.5cmほどです。葉は倒卵形〜へら形でやや尖り、長さは1〜4cm、少し肉厚です。花色が桃色の変種もあります。関東地方以西の各地に広く自生します。グランドカバーに好適です。近縁の南米原産のヒメイワダレソウも流通しており、これは一部で帰化しています。
管理 性質は強健。繁殖は挿し木、種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
5℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ