イワガサ

ミツデイワガサvar. obtusa
開花期101112
学名Spiraea blumei
和名イワガサ
英名
流通名
科名バラ科
属名シモツケ属
性状落葉小低木
用途 小〜中鉢
庭園
原産地日本〜朝鮮半島
特徴 細い枝を垂れ下げながら、小さな白花が散房状にかたまって、連ながるように咲き、コデマリに似ています。花は5弁で径7mmほどですが、花序の径は4cmほどです。葉は互生し、倒卵形、上半部が不揃いに切れ込み、あるいは3裂します。これがコデマリとの大きな違いです。よく分枝して株立ちし、丈は1〜2m程度になります。変異の多い植物で、写真は葉の先が3裂するミツデイワガサです。
管理 性質は強健。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ