エリヌス・アルピヌス (イワカラクサ)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
エリヌス・アルピヌス (イワカラクサ)
開花期101112
学名Erinus alpinus
和名イワカラクサ
英名 Alpine liver-balsam
科名オオバコ科( ゴマノハグサ科)
属名エリヌス属
用途 小〜中鉢
花壇
ロックガーデン
性状多年草(耐寒性)
原産地アルプス
特徴 淡紅色の小さい花が群がって咲く姿の美しい矮性の高山植物です。山草として有名で、園芸種は多く、白、紅、菫、などの多くの花色があります。ロックガーデンに最適ですが、鉢植えで群生させるのも良いものです。
管理 性質は強健。陽光を好むがやや半日陰でもよい。排水の良いややアルカリの用土を好む。繁殖は種まきまたは株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間