ロウアガキ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ロウアガキ
果実期101112
開花は6月
学名Diospyros rhombifolia
和名ツクバネガキ
英名
流通名ろうあ柿、老鴉柿、姫柿、ロウヤガキ
科名カキノキ科
属名カキノキ属
性状落葉小高木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地中国
特徴 果実は小さく長さ3〜5cmの尖った楕円形で、橙黄〜橙紅色をしています。小さな果実と美しい色合いが好まれ、盆栽、鉢植え、庭木などに広く普及してきました。果実の色が濃い赤色品種もできています(写真)。雌雄異株ですから、雄株も作らないと結実しません。雌株の果実にも種のできるものとできないものとがあります。中国浙江省、江蘇省の原産ですが、日本への導入は遅く、第2次大戦中のころのようです。
管理 性質は強健。寒地では防寒が必要。繁殖は種まきまたは接ぎ木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ