カナメモチ ’レッドロビン’
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
カナメモチ ’レッドロビン’
開花期101112
学名Photinia ×fraseri 'Red Robin'
和名
英名 'Red robin'
流通名 レッドロビン、アカメ、セイヨウカナメモチ
科名バラ科
属名カナメモチ属
性状常緑低木
用途 小〜中鉢
庭園
原産地園芸種
特徴 カナメモチとオオカナメモチの種間交雑で育成したフレイゼリの代表的品種が、’レッドロビン’です。カナメモチ(P.glabra)が、病害に弱い難点があったので、現在はほとんど’レッドロビン’に代わりました。新葉は美しい赤色ですが、成熟すれば緑色に変わります。葉は楕円形、長さ10cm弱、革質で光沢があります。両親共に日本原産ですが、米国で育成されたので「セイヨウカナメモチ」ともいいます。
管理 性質は強健。光線が強いほど美しい葉色がでる。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間