ライラック
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ライラック
開花期101112
学名Syringa vulgaris
和名ムラサキハシドイ
英名 common lilac
別名リラ
科名モクセイ科
属名ハシドイ属
性状落葉低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地東欧
特徴 ライラックは寒冷地ではポピュラーですが、温暖地の人にはロマンチックな雰囲気を感じさせる花木なので、鉢植えで出回ります。長さ10〜20cmの花序に多数の花が咲く高さ4〜8mになる低木ですが、鉢植えでは数10cmの高さに仕上げます。品種は多数あり、花色は、淡紫、紅紫、紅、白など多彩で、芳香があります。また、八重咲きもあります。
管理 花芽分化期は夏なので、剪定は花後すぐに行う。夏の暑さに弱いので、風通しの良い場所で管理。繁殖は取り木、接ぎ木または株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間