ラウレンティア・フルヴィアティリス
開花期101112
学名Laurentia fluviatilis (=Isotoma fluviatilis )
和名
英名
流通名イソトマ・フルビアテリス
科名キキョウ科
属名ラウレンティア属
性状多年草(匍匐性)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地豪州〜ニュージーランド
特徴 カーペット状に生育し、青または白色の星状の花が株を覆うように咲きます。草丈はせいぜい5cm以下で、下部の葉は卵形〜円形、上部の葉は線形で小さく、長さは1cmあまりです。
管理 日当たりがよく乾燥した状態を好む。繁殖は種まきが普通で、適期は3〜4月。株分けや挿し木もできる。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ