ラベンダー (フレンチラベンダー)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ラベンダー (フレンチラベンダー)
開花期101112
学名Lavandula stoechas
和名
英名 French lavender
流通名フレンチラベンダー
科名シソ科
属名ラウァンドゥラ(ラバンデュラ)属
性状常緑亜低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地地中海沿岸
特徴 ラベンダーは本来、薬用、香料作物ですが、最近は園芸植物としてたくさん出回っています。たくさんの種類があり、香料作物としては、イングリッシュラベンダーの方が有名ですが、園芸的には本種もたいへんに重要な種類です。本種の最大の特徴は、花穂の先に花弁状の苞が目立つことで、その分、華やかさがあります。古くは本種も香料作物としてかなり利用されていました。
管理 高温多湿に弱いので、風通しのよい場所で育てます。繁殖は挿し木、株分けです。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ