レオノティス
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
レオノティス
開花期101112
学名Leonotis leonurus
和名カエンキセワタ
英名 lion's-ear, lion's-tail
流通名レオノテス、ライオンズイヤー
科名シソ科
属名レオノティス属
性状常緑亜低木(非耐寒性)
用途小〜中鉢
原産地南アフリカ
特徴 高さ2m近くになり、下部が木化する低木状の多年草で、橙赤あるいは赤黄色の花が茎頂付近に輪生します。白色花品種もあります。従来、切り花やドライフラワーに使われていましたが、鉢物にもなっています。
管理 性質は強健。暖地では露地の越冬も可能だが、霜には当てない。過湿を嫌う。初夏に茎を切りつめると短い草丈で開花する。繁殖は種まきまたは挿し木。適期は4〜5月ごろ。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間
熱帯植物館「レオノティス」