レプトスペルムム ’メリンダ’
レプトスペルムム ’メリンダ’
開花期101112
学名Leptospermum 'Merinda'
和名
英名
流通名レプトスペルマム・メリンダ
科名フトモモ科
属名レプトスペルムム属
性状常緑低木
用途 小〜中鉢
花壇
原産地豪州、ニュージーランド(園芸品種)
特徴 ギョリュウバイの仲間ですが、花は大きく径1.5cmほど、花色は、赤紫で、芯の緑が目立ちます。ギョリュウバイ(L.scoparium とスペクタビレ(L. spectabile)の種間交雑で育成された品種です。高さは1mほどに育ちますが、枝はやや垂れ下がる性質があります。葉は小さく、狭披針形で、長さは1cm強です。種子は採れません。
管理 ギョリュウバイの管理に準ずる。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
夏だけは直射光を避ける
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ