ライム
ライム
果実観賞期101112
開花は5〜8月
学名Citrus aurantiifolia
和名ライム
英名 lime
流通名
科名ミカン科
属名ミカン属
性状常緑低木
用途 小〜中鉢
庭園
原産地インド
特徴 ライムはレモンに似た用途の柑橘ですが、独特の風味があります。果実はレモンより球形に近く、やや小型で、径6〜8cmほどです。そして、果皮が黄色になる前の緑色の状態で食します。ライムには、酸味の強いサワーライムと、酸味の少ないスイートライムがあり、また、サワーライムにはタヒチライムと、小型のメキシカンライムがあります。花は白色で、枝端の葉腋に着きます。葉は披針形で、枝には普通は刺があり、高さは3m強になります。
管理 性質は強健。レモンやウンシュウミカンよりは耐寒性が弱い。繁殖は接ぎ木または挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
5℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ