リッピア・ ドゥルキス
開花期101112
学名Lippia dulcis
和名
英名 Mexican lippia, yebba dulce,Aztec sweet herb
流通名メキシカンリッピア、スイートハーブメキシカン
科名クマツヅラ科
属名リッピア属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地メキシコ〜中米
特徴 葉や花にさわやかな香気があり、たいへん強い甘味があるので、スイートハーブとして知られます。茎はよく分枝し、節から根を出して横に広がり、先端が立ち上がります。葉は円形〜菱形で長さ5cmほど、秋には紅葉します。多くの葉腋から直径8mmほどの花序が単生し、小さな白い花が次々と咲きます。小花は順次上に咲き続け、花序は長さ2cmほどの松かさ状になります。グランドカバー植物としても好適です。
管理 性質は強健。室内で越冬。繁殖は挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
5℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次観葉植物百科目次へ同じ科の仲間