ロベリア・シフィリティカ(オオロベリアソウ)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
開花期101112
学名Lobelia siphilitica
和名オオロベリアソウ
英名 great lobelia, blue cardinal flower
流通名宿根ロベリア
科名キキョウ科
属名ローベリア属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地アメリカ東部
特徴 濃青色の花が穂状に密に着く豪華なロベリアです。花弁は上下の2唇に分かれ、上は2裂、下は3裂しますが、この3裂した方が大きくて目立ちます。この長さは約2.5cmです。茎は直立して、高さは60cmほどで、葉が密に着き、美しい姿になります。葉は卵状の披針形で先端が尖り、長さは10cmほど、周縁には不規則な鋸歯があります。
管理 性質は強健。湿地性だが極度の多湿は嫌う。春に刈り込む。繁殖は種まきまたは株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花百科目次へ同じ科の仲間同じ属の仲間へ