ロベリア・ウァリダ
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ロベリア・バリダ
開花期101112
学名Lobelia valida
和名
英名
流通名ロベリア・バリダ
科名キキョウ科
属名ローベリア属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地南アフリカ
特徴 立ち性で、多年生のロベリアで、茎頂に総状の小さな花を多数つけます。花色は、基本的には濃青色花で、中心部は白目、下唇には帯緑黄色のブロッチがあり、全体として鮮やかです。草丈は50cm程度になり、下部でよく分枝します。かなり周年開花性があり、春から秋まで長い期間楽しめます。
管理 耐暑性は強い。初夏の花後に刈り込めば秋の開花が揃う。秋の花後は地際で刈り込み霜よけをする。肥料はやや多めに。繁殖は挿し木(春または秋)または種まき(秋)。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ