ロマンドラ・ロンギフォリア

品種:タニカ'Tanica'
観賞期101112
学名Lomandra longifolia (=Xerotes longifolia )
和名
英名 spiny-head mat-rush, basket grass
流通名
科名ススキノキ科
属名ロマンドラ属
性状常緑多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地豪州東部
特徴 剣状で細長い葉が弓状に反り返って叢生した姿が美しい。葉は硬く扁平で、長さ40〜80cm、幅は1cm前後です。変異種や園芸品種は多く、葉の細いタイプもあり、オーストラリアでは庭のボーダーやロックガーデンなどに多用されます。先住民のアポリジニはこの葉を利用して籠や敷物などを編むのに利用してきたそうです。雌雄異株です。
管理 性質は強健。繁殖は種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次観葉植物百科目次へ同じ科の仲間