リクニス・ヴィスカリア
リクニス・ヴィスカリア
開花期101112
学名Lychnis viscaria (=Viscaria vulgaris)
和名
英名
流通名
科名ナデシコ科
属名リクニス属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地欧州〜西アジア
特徴 マットを形成して群生する多年草で、茎の先端に小さな花が総状花序で咲きますが、花が密集して円錐状になるので、なかなか美しい。花の径は2cmほど。花の色は普通は紫赤ですが、白もあります。基部から多数出る葉は、披針形で暗緑色、長さは8cmほど。茎は固くて、直立し、ほとんど分枝しません。草丈は45cmほど。茎を包むように細い葉が出ますが、この節付近では粘液質が分泌されます。
管理 排水のよい用土を好む。耐暑性は強い。繁殖は種まき、または株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ