リシマキア・アトロプルプレア
プリムラ・ロセア
品種:ボジョレー 'Beaujolais'
開花期101112
学名Lysimachia atropurpurea
和名
英名
流通名リシマキア・アトロパープレア
科名サクラソウ科
属名リシマキア(オカトラノオ)属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地バルカン半島
特徴 暗紫色の穂状花序と、灰緑色の葉との対比が特徴的です。個々の花は小さく、径5mmほど。茎は20〜65cmほどで直立します。分枝は少なく、基部で少し出る程度です。葉は線形またはへら形の被針形で、長さは8〜10cm、葉縁は丸い鋸歯があり波打っています。写真は品種’ボジョレー’ですが、花穂の色は暗紫赤色で、シックな雰囲気があります。
管理 乾燥を好まない。夏は通風の良いところがよい。繁殖は種まきで、適期は3〜4月または9〜10月。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ