ナリヒラヒイラギナンテン
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ナリヒラヒイラギナンテン
開花期101112
学名Mahonia confusa
和名
英名
流通名マホニア、ナリヒラ
科名メギ科
属名ヒイラギナンテン属
性状常緑低木
用途 小〜中鉢
庭園
原産地中国
特徴 ヒイラギナンテンの仲間ですが、小葉は幅が狭く細長いので、繊細な感じがあります。花穂は短く直立して、淡黄色の花が秋に咲きます。樹高は1m程度ですが、こんもりした感じになり、日本庭園の根締めなどに使われていましたが、洋風庭園や鉢植えにも適します。
管理 性質は強健。繁殖は種まきか挿し木。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ