マコモ
開花期101112
学名Zizania latifolia
和名マコモ
英名 Mnachurian wild rice
流通名
科名イネ科
属名マコモ属
性状多年草
用途 中〜大鉢
水辺
原産地日本、シベリア〜中国南部
特徴 中華料理に広く使うマコモダケは本種の基部が肥大したものです。水湿地に地下茎を伸ばして群生する水草で、広く自生しています。草丈は1〜2mぐらい。秋には米のような実ができます。これに、マコモクロボ゙菌が寄生すると、基部が肥大して(写真)、径3cmほどになり、小型の筍のようになります。外面は淡緑色、内面は白色で柔らかい。缶詰にするとアスパラガスのようです。本土では肥大したものを見ませんが、沖縄や中国では普通に見られます。
管理 性質は強健。繁殖は株分け。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい湿っている状態を好む
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間家庭野菜の仲間