マーシャリア
開花期101112
学名Marshallia spp.
和名
英名
流通名マーシャリア
科名キク科
属名マーシャリア属
性状多年草
用途 小〜中鉢
花壇
原産地北米
特徴 ヤグルマギクのような花で、たいへんに優しい雰囲気があります。マーシャリア属には10種ほどの植物がありますが、数種が最近出回り始めたようです。頭状の花が茎頂に単生しますが、小さな管状花が円盤状あるいは球状に咲きます。花色は、淡桃、白、淡黄、淡青などでいずれも淡い色合いです。葉は単葉で全縁、披針形〜卵状披針形などで、多くは長さ10cm前後、互生します。茎は直立し、草丈は種によってかなり異なり30〜100cmです。
管理 冷涼な気候を好む。繁殖は種まき。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
日向を好む
0℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間