マツバボタン
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
マツバボタン
開花期101112
学名Portulaca grandiflora
和名マツバボタン
別名ヒデリソウ、ツメキリソウ
英名 common porturacarose moss
科名スベリヒユ科
属名スベリヒユ属
性状多年草(非耐寒性)
用途 小〜中鉢
花壇
原産地南米
特徴 葉が多肉で細く、花がボタンに似ているのでこの名が付いています。夏の暑さや乾燥に強く、炎暑のもとで赤、桃、黄、白、橙などの花を咲かせるので、夏花壇には欠かせません。花の寿命は短く一日花ですが、次々に咲きます。春まき一年草として扱っていますが、本来は多年草で室内なら越冬できます。ポーチュラカはマツバボタンの属名ですが、近縁種のハナスベリヒユのことをさす場合が多いのですが、両者を合わせて呼ぶこともあります。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間同じ属の仲間へ管理方法の解説へ