マツムラソウ
開花期101112
学名 Titanotrichum oldhamii
(=Rehmannia oldhamii )
和名マツムラソウ
英名
流通名
科名イワタバコ科
属名マツムラソウ属
性状多年草
用途小〜中鉢
原産地南西諸島〜中国南部
特徴 茎頂に総状花序を出して、黄色の筒状漏斗形の花が下垂してたくさん咲きます。花筒の内側には赤い斑紋があり、かなり目立ちます。花の長さは3〜4cm。葉は卵状長楕円形で、長さは10〜20cm、対生します。草丈は15〜30cmで、株全体が柔らかい毛で被われます。西表島などに自生しますが、絶滅危惧U類です。
管理 やや水の多い状態を好む。増やすのは種まき、挿し木など。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水
半日陰を好む
5℃より下がってもよい普通の水やりでよい
ホームページ鉢花目次同じ科の仲間