ハエマンサス(マユハケオモト)
無断の複製・転写・営業利用を禁じます
ハエマンサス(マユハケオモト)
開花期101112
学名Haemanthus albiflos (=H.albomaculatus)
和名マユハケオモト
英名 white blood lily
流通名ハエマンサス
科名ヒガンバナ科
属名ハエマンツス属
性状常緑多年草(半耐寒性)
用途小〜中鉢
原産地南アフリカ
特徴 太い刷毛状の白い花がユニークです。球根植物で、鱗茎は径7〜8cm。葉は長楕円形で、長さ15〜20cm程度。肉厚で、直立して半曲します。秋には長さ10〜20cmの太い花茎を出し、白花が散形状に多数咲き、径5cm前後になります。そして、長い花糸が突出して、眉刷毛を連想する姿になります。葯は黄色です。ハエマンツス属は約60種以上あり、常緑の本種が最も普及していますが、赤花の種もあります。
管理 性質は丈夫で、乾燥にも強く、管理は容易。繁殖は分球で、半分以上地上に出して植え付ける。
好適環境
マーク解説
光量耐陰性耐寒性灌水量葉水


ホームページ鉢花目次同じ科の仲間